岩ちゃんグルメ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌の大家さんの悩み

<<   作成日時 : 2016/04/22 18:12   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

私、カピバラ行政書士は札幌市内にアパート投資物件を持つ大家である。

2006年末、白石区北郷に1棟(3LDK×3室、2DK×3室、2k×3室)、

2007年夏に西区八軒に1棟(2DK×16室)、

それぞれフルローンに近い状態で購入した。

借入先は三井住友銀行。

当時は都銀の中ではアパートローン融資に

特に積極的といわれていた。

査定が収益還元法とは言っていたくせに、

最終的に妻の連帯保証も求めてきた。

不動産担保しか信じない、

どこまでも腐りきった日本の銀行。

2棟アパート購入を機に、サラリーマンを辞め、

住まいを札幌に移した。

当初は家賃も普通に入ってきて、

家賃収入しかなかったが、特に不自由なくやってきた。

悪夢は突然やってくる。

2008年のリーマンショックである。

入居者の家賃滞納、夜逃げ、

さらには保証会社のリプラス倒産による保証金消滅…、

手持ち資金が10万円を切って、

要補修案件に金を出せない状況になった。

一時は札幌市営地下鉄の臨時車掌試験を受けたほどである。

(難なく合格したが、家族の反対に遭い辞退)

家賃相場は右肩さがり…。

入居率は80%未満に落ち込む。

ところが、である。

家賃が下がりすぎたおかげで、

ちょうど、生活保護受給者が入居できる家賃まで

下がったことで、入居率が年々増え、

現在、満室状態である。

部屋を空けるくらいなら、家賃を下げてでも募集した方が良いのだ。

ただ、所詮、生活保護者というのは負のパワーの持ち主。

この先、アパートがどうなるか分からない。

居室で自殺するかもしれないし、放火されるかもしれない。

万が一の保険対応には限界がある。

札幌に限らず、全国的に(東京以外)、

人口減少はすでに進んでおり、

賃貸物件の主権はすでに貸し手から借り手に移っている。

札幌では不動産仲介会社に支払う広告料は

家賃2〜3か月のぼったくり相場がまかり通っている。

(札幌で仕事のないやつは不動産仲介会社に就職すべきだ)

ということで、現在、急いで売却に向けて動いているところである。

マイナス金利の今、多くの目が不動産投資に向かっている今こそ、

売り抜ける最大のチャンスというわけだ。

狙いは当然、購入価額よりも高く売ることである。

全国の大家さん、何か不安なこと、相談事があれば、

カピバラ行政書士の私にコメントを送ってください。

一緒に情報交換しましょう!




女ひとり・借金アリ・貯金ゼロからのトーキョー大家さんLIFE
主婦の友社
フィッシュバーン真也子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女ひとり・借金アリ・貯金ゼロからのトーキョー大家さんLIFE の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
札幌の大家さんの悩み 岩ちゃんグルメ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる