私の愛車・愛船ヒストリー

私の愛車・愛船ヒストリ―(かっこ内はナンバー名)

どの車にも思い出があります。
火の玉ジャスティなんて、ジムカーナ・レース用に改造して、
首都高の箱崎のカーブでまさしく火を噴きながら
カーブを曲がっていたのだから。

人に歴史あり、車に歴史あり。No car, No life.

1987-1993 スバル(火の玉)ジャスティ(大宮)
1988-1992 YAMAHA FZR250(大宮)
1991-1992 トヨタ コルサ(大宮)
1993-1998 三菱RVR Z 4WD(春日部)
1997-1998 Honda Dio 50cc(鳩ケ谷)
1998   トヨタ カローラ(サウジアラビア)
1998-2001 ローバー623 SLi (サウジアラビア)
2007-2008 ホンダ オデッセイ VZ(札幌)
2008-2011 日産 ウィングロード15 RXエアロ(札幌、足立)
2008    メルセデス C250 (米国フロリダ)
2011-2016 日産 ティアナ 250XL(足立)
2012-2014 トヨタ ランドクルーザープラド3.4 TZ 4WD(足立)
2014-2017 ダイヤモンドバック・カスタムエアボート(横浜)
2016-2019 メルセデス E350アバンギャルド(足立)
2019- (現在) ボルボ XC60(足立)

アウディやBMWに乗りたかったけれど、
私のような巨体には足元が狭くてつらいのです。

映画トランスポーターで主人公のジェイソン・ステイタムが
操るアウディA8に乗ってみたかった。
ジェイソン・ステイタムは同い年なのに格好いい。ハゲてるけど。
私もハゲているが、ジェイソンとは月とすっぽん。
ヒロイン役のスー・チー(舒 淇)が最高だった。
あんな可愛い娘とエッチなラブシーンが出来るなんて羨ましすぎるぞ、ジェイソン!

メルセデスが誇る軍用車両Gクラス(ゲレンデヴァーゲン)にも
乗りたかったのですが、やめました。
理由はメルセデスのパーツ、コスト削減のために6割以上韓国製だから。

とりわけ許せないのはメルセデスの純正タイヤが韓国のハンコック製である点。
パンクしないはずの「ランフラットタイヤ」(ハンコック)を履いていたのに、
首都高でいきなりバーストして死にそうになりました。
高速走行できる車にとってはタイヤが命のはず。それを軽視するなんて。
メルセデスに乗ることは二度とないでしょう。
驕れる者は久しからず。諸行無常の響きあり。明日は我が身と思い知る。

現在、ボルボXC60に乗っているのは、「暴走老人」対策です。
ぶつけられても死なない車を選択しました。
足元が広くて、マッサージ機能もうれしい。
50歳を過ぎたら、スピードよりも安心感です。

エアボート1 株式会社ロックブリッジ.jpg

IMG_0382.JPG

IMG_2269.JPG

IMG_2264.JPG

image.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント