天然温泉「かきつばた」

伊勢湾岸道の刈谷ハイウェイオアシス内にある 天然温泉「かきつばた」に行ってみた。 高速を降りずに行けるのがすばらしい。 大人入湯料820円。 温泉の色は無色透明で塩味たっぷりだが、 少々ぬるぬる感があって、入った後も肌が心地よかった。 壺湯が心地よい。 そして、洗い場も広くてなかなか良い。 カウンターの女子もかわいい子が多い。 また、ぜひ行ってみたい。 関西の高速SA・PA&道の駅パーフェクトBOOK (デジタルWalker)KADOKAWA / 角川マガジンズ 2014-08-25 KansaiWalker編集部 Amazonアソシエイト by

続きを読む

日本で一番好きな公営温泉 「函館 谷地頭温泉」

私が日本で一番好きな公営温泉は 函館市営の谷地頭(やちがしら)温泉です。 入場料420円。 風呂から出て身体を拭くとタオルが茶褐色に染まるほど鉄分が濃厚です。 温度が43~45℃なので五月蠅いガキが入れず、ゆっくりと浸れるのがうれしいですね http://www.asahi-net.or.jp/~ue3t-cb/spa/yatigasira/yatigasira.htm 釣りバカ日誌 7 [DVD]松竹ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by

続きを読む

温泉情報!「鳥取駅近くの元湯温泉(銭湯)」

県庁所在地なのに、鳥取駅から徒歩10分圏内なのに 蛇口から温泉が出てくるのじゃ! 今回は鳥取駅から徒歩10分の 天然温泉銭湯「元湯温泉」を紹介します! 入場料は350円。最近、310円から値上げしたらしいのだが、 それでも安い!だって、札幌だって420円とられるのだから。 だって浴槽はもちろん、蛇口から天然温泉が出てくるからだ! 創業は古く、昭和元年!(なんと83年前!) 効能は次の通り。駅前温泉なのに効能がすごい! 水質;天然温泉 【泉質;含食塩芒硝泉、無色透明、反応中性】 主成分;ラジウムエマチオン、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム 他 効能;慢性関節リウマチ、婦人病、神経炎症、創傷、水虫、皮膚病 他 色は無色透明、味はうす塩味(ちゃんと舐めて確認済)。 蛇口にはシャワーも付いていて、使いやすい。 ボディーシャンプーがついているが、 シャンプーと剃刀は各自持参(もしくは購入)となる。 浴槽は8人ほどが入れる円形タイプ。 車座になって、地元の方々で話している姿が目に浮かぶ。 3か月に1回の頻度で、スペシャル湯も登場するらしい。 (20年11月はコーヒー湯)。冬至は柚子湯だとか。 合計3回くらい浴槽につかって、全身サッパリ爽快である! 入浴後、3分10円のマイナスイオンドライヤーを使う。 さりげなくティッシュ箱が置いてあるのがうれしい。 札幌からでも通いたくなる駅前銭湯である。 新千歳空港から鳥取空港への直行便がないので、 羽田空港経由で来るしかな…

続きを読む

グルメ&温泉情報! 「豊平峡温泉とインドカレー」

今日は北海道札幌市の「豊平峡温泉」(ほうへいきょうおんせん)の紹介です。 今日の夕方、STV(札幌テレビ、日本テレビ系列)で 豊平峡温泉のインドカレー屋から中継していました。 豊平峡温泉は 定山渓温泉から豊平峡ダムに向かった道の左手にあり、 札幌駅からも直通バスが出ています。 札幌駅からだいたい1時間くらいです。 (月~土曜は地下鉄真駒内駅から無料バスが1便出ています(朝10時発)。 私はここの天然掛け流しの露天風呂が実に大好きで、 特に今の時期の雪見露天は最高で 何度も行ったことがあります! でも、ここの「ONSEN食堂」のカレーは 残念ながら全く美味しくありません。 ここで働くインド人シェフも愛嬌たっぷりで憎めないのですが、 味がイマイチで、本当にがっかりしました。 カレーは日本人にあわせたのか知らないが、 薄味で水っぽいカレーで、 ナンはパサパサでもちもち感がまるでありません (ナーン!効果音はご自身でつけてくだせ~い)。 タンドリーチキンはまあまあですが、全然辛くありません。 その代わり、隣のそば屋のそばが絶品でした。 私が食べたのは「天ざるそば」ですが、 ソバ粉本来の甘み、うまみがダイレクトに感じられます! カレーよりもそばを宣伝しない理由が良くわかりません。 温泉とソバは本当に超お勧めです! 豊平峡温泉 朝10時~24時(土日祝は朝9時から) http://www.hoheikyo.co.jp/index.htm <ここのホームページには英語のページがあります…

続きを読む

温泉情報!上富良野「フロンティア フラヌイ温泉」

今回は、上富良野にある「フロンティア フラヌイ温泉」を紹介します。 この温泉は私が入った温泉のベスト3に入る名湯です。 何が名湯なのかというと、 31℃の源泉掛け流しを長時間入っていられるということ。 私のような「デブ」(180cm, 103kg、ジュニアヘビー級レスラー並み)、 「高血圧」、「肝機能障害」の三冠王には もってこいの温泉なのです。 31℃は最初は冷たいのですが、 慣れると1時間でも浸かっていられます。 その間に効能がじわじわと伝わってくるのです。 もう一つの浴槽は源泉を加温したもの、 こちらは43℃あり、逆に長くは浸かっていられない温度です。 正しい入り方は最初に熱い湯に入り、 その後、31℃の源泉にじっくり浸かることです。 西乃湯、東乃湯というように2種類あり、 男女、一日おきに入れ替わります。 西乃湯の方が広めです。 大泉洋、田中邦衛や鈴木宗男の写真が飾ってありました。 フロンティア フラヌイ温泉 住所:北海道空知郡上富良野町新町4丁目 電話:0167-45-9779 アクセス:JR上富良野駅から徒歩10分、車で3分      旭川空港から車で30分 入浴料:大人600円(自衛隊員500円)、子供350円(自衛隊員 子息250円) 日帰り入浴時間:7~22時 効能: (浴用)きりぎず、やけど、慢性皮膚病、神経痛、     筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、     関節のこわばり、うちみ、くじき、     慢性消化器病、痔ろう、冷え性、     病後回復…

続きを読む

温泉情報! 登別温泉 「夢元(ゆもと) さぎり湯」

今回は登別の温泉銭湯「さぎり湯」を紹介します。 大浴場は白濁した硫黄泉と明礬(みょうばん)泉の2種類で、 源泉掛け流しの湯を楽しめます。サウナやジャグジーもあります。 硫黄泉は近くの地獄谷(湧出量:毎分3000リットル!)から 直接引っ張ってきて、加水・温度調整したもので、 一人たったの390円で本物の湯を満喫できます。 (ちなみに登別温泉の立ち寄り湯の入浴料は、 「ゆもと登別」が1人1,000円、「第一滝本館」が1人2000円) 登別温泉の明礬泉はもともと硫黄採掘により 眼病を患った鉱夫が、明礬泉を目につけたら、 たちどころに治ったということで、「目の湯」とも言われています。 アルミニウムと硫酸イオンを含み結膜炎などに効くそうです。 さらに皮膚や皮膚の粘膜を引き締めるため、 美肌効果のほか慢性の皮膚疾患や 粘膜の炎症、水虫、蕁麻疹(じんましん)にも効くそうです。 私が行ったのは日曜(7月1日)だったので、昼間から満員でした。 一つ難があるのは駐車場が狭いこと(いつも満車)、 洗い場にシャンプーや石鹸がないことです(銭湯だから仕方ないか)。 もっとも、シャンプーや石鹸がなくても、 頭から何度も湯をかければ、 汚れも自然に流れてしまうくらいの効能があるので、 いらないのでしょう。 (でも入る前は下腹部はかけ湯でしっかり洗浄) 入口には「湯かけ鬼像」があるので、お参りして帰りましょう。 (何のご利益があるのかは不明です) 夢元 さぎり湯 住所:北海道登別市登別温泉町60…

続きを読む

温泉情報!「登別カルルス温泉」

入浴剤で有名な「登別カルルス温泉」に行ってきました。 ツムラの入浴剤シリーズで妙に白濁した温泉の素が 実在するのか検証するためです。 (ちなみに同社のカルルス温泉の素は私が一番好きな入浴剤です) カルルス温泉街の入り口にある「オロフレ荘」に行ってきました。 入浴代は大人500円、子供250円です(要タオル持参、購入も可能(250円))。 建物は少し改装したようですが、温泉はそのまま手付かずでした。 実は明治32年に開湯し名湯として早くから温泉の薬効・効能が全国的に知られ、 100年の歴史を誇る、源泉100%の名湯なのです。 温泉はカルピスを普通の10倍くらいに薄めたような色で 入浴剤のような色、香りは全くなく、 わずかな硫黄臭がする程度です。 やはり商品というのは実際よりも大げさに作られるものだと再認識しました。 熱めのお湯とぬるめのお湯の2種類ありました。 熱めのお湯は5分以上入っていられないような熱さで、 まさに江戸っ子向きです。 私はぬるめのお湯にゆっくり浸かりました。 肌に吸い付く感じで、浴槽から出た後も 身体中ポカポカになりました。 まさに女性向きのお風呂です。 フロントから大浴場までの階段の途中で、妙な鹿の剥製を見つけました。 登別温泉の硫黄泉と酸化鉄泉、明礬泉に飽きた方に 是非お勧めします。 カルルス温泉「オロフレ荘」 住所:登別市カルルス町7番地 電話:0143-84-2861 アクセス:JR登別駅より車で20分。登別温泉より車で10分…

続きを読む