新潟 万代シティバスセンター名物「バスセンターカレー」!

今回は新潟の万代シティバスセンター内にある 立喰コーナーのカレーを紹介します。 「なんだ、立ち食いそば屋のカレーか」と侮ることなかれ! もともとは立ち食いそば屋ということで、 そば・うどんがメインなはずなのに、 カレーがうまいことですっかりに有名に! そばつゆの豊かな香りにつられつつも、 客の殆どはカレーを注文。 その名も「バスセンターカレー」(460円)。 最近20円値上げしたらしいが、 並でこのボリューム!(小カレー、大盛もあります) 味は給食や学食のカレーを思い出す、 黄色っぽくて少し粉っぽいが、 辛味が少し効いた懐かしいお袋の味。 今はないが、 グリコワンタッチカレーの辛口をうまくしたような感じである。 (某カレー専門店の壱○屋の10倍うまい!) 豚バラ肉が一枚ベロンと乗っかっていて 食べ応え十分なのも人気の秘密。 あっという間の完全なる完食である! 夕食に持ち帰って自宅で食べる人も多いそうで、 おそらくバスセンターの立ち食いそば屋としては 唯一、自社ブランド「バスセンターのカレー」として 昨年からレトルトで販売しているのも驚きだ (中辛1.5人前で税込525円、新潟駅売店でも販売中)。 ランチタイムとなれば 通常、目にする立ち食いそば屋とは全く異なる混雑ぶり。 混雑を避けるべく、 今回は14時過ぎに来ましたが、 それでもこの混雑ぶりです。 新潟に来る度に食べたくなる味です。 日本人ならぜひ一度は食べてもらいたい。 万代シティバスセンタ…

続きを読む

グルメ情報!越後湯沢 石臼挽へぎそば 「中野屋」

今回は越後湯沢にある猛烈にうまい蕎麦屋を紹介します。 その名も石臼挽へぎそば「中野屋」である! 無愛想だが、人のよさそうなタクシー運転手に 「うまいそばが食べたい」とリクエストして、 連れてこられたお店がこの中野屋である。 湯沢本店にある店内は 囲炉裏がある風景でゆっくりとくつろげる! 名物「花巻そば」(4人前3200円)を一口入れてみた。 「う、うまい!」 過去に新潟で食べた「へぎそば」は一体何だったのか・・・。 個人的には新潟の須坂屋そばの10倍うまい! 是非、「須坂屋ファン」の 元昭和シェル石油社長の鶴巻良輔さんに食べさせてあげたい味である。 ついでに、地元特産のまいたけの天ぷら(730円)を夢中に頬張ってみる。 まさに「至福のひととき・・・、である」 湯沢白瀧酒造の銘酒 「湊屋藤助」 純米酒(650円)との相性も抜群である。 生きててよかった。 これまで10年以上にわたり、 S連盟(某石油団体)のために 心身ともにボロボロになっても 一生懸命、仕事をやってきた甲斐があった。 とにかく、ここのそばは本当に美味しい。 石臼自家製粉だからだろうか。 ここの石臼は1分間に12回というゆっくりとしたスピードで挽くそうだ。 ゆっくりと挽けば、熱が発生しにくく、 そば本来のうまみが損なわれることなく、いい粉が出来るらしい。 東京から新潟に行くのに、 わざわざ越後湯沢に途中下車しても行くべきそば屋、 それが「中野屋」である。 ※豆知識 「へぎそば」とは・・・、 新潟県魚…

続きを読む

グルメ情報!新潟駅「やなぎ庵」

今回は美味しい新潟駅にある立ち食いそば屋さんを紹介します。 その名も「やなぎ庵」、新潟駅万代口改札左側にあります。 駅の中の立ち食いそばと聞いて、馬鹿にしてはいけません。 そばどころ新潟ですから、そばも本格的です。 私は「山菜そば」(350円)を頼んでみました。 写真の通り、山菜の量もいっぱいです。 東京で食べる山菜ちょぼちょぼのそばとはワケが違います。 寒がりのおばちゃんがクーラーを弱めているので、 店内は暑かったです。 少しデブな客にも気を使ってくれないと困ります。 時間がないのに、新潟のそばを食べたい人にお勧めのお店です。 グルメキング納得の味です(コストパフォーマンス抜群!) 小銭がなくても「Suica」で食券購入可能です。 なお、新潟で時間のある方はこちらのお蕎麦やがお勧めです。 → http://hirogn.at.webry.info/200707/article_1.html (新潟市東区山ノ下町の「三六」) 新潟やなぎ庵 場所:新潟駅万代口 営業時間:6:30~22:00 http://www.tokky.info/shop/niigata.html 新潟県の廃線を歩く―鉄道歴史探訪ガイドブック

続きを読む

グルメ情報!新潟 「三六」のそば

新潟で飛びっきりうまいそば屋を発見しました! 名前は「三六」(さんろく)。 もともと日本料理屋で、冬はフグを食べることが出来る店ですが、 実はここの蕎麦が最高に美味しいのです。 新潟のH汽船のI所長より紹介を頂き、 早速食べに行きました。 出てきたそばは 十割そばと韃靼(だったん)そばの合い盛りです。 どちらもそばの風味が良くて、 米どころの新潟で こんなうまいそばが食べれるなんて、 と思わず感激してしまいました。 大盛りで頼んでおいてよかったなと思いました。 天ぷらとの相性も抜群です。 海老は天然ものでプリプリで この時期しかない「鱧」(ハモ)も最高でした。 三六のそばを食べるためだけに 新潟に来る価値ありです。 ふのりが入ったへぎそばもうまいですが、 ここの蕎麦はへぎそばの百倍うまいです! 三六(日本料理店) 住所:新潟県新潟市東区山の下町1-7 電話:025-270-3618 江戸っ子はなぜ蕎麦なのか?

続きを読む